TiFe系合金を使用した安全かつ高密度に水素を貯蔵する技術の確立

奥村 真彦
(仙台高等専門学校 機械システム工学科 助教)

2016年11月27日日曜日

高専でのセミナー開催のお話

またも2週間くらい空いてしまいました、おばんです。
今日は、8月に仙台高専で開催したやさしい科学技術セミナーの話題です。

まずは最近の学校の写真を。

11/14のスーパームーン前日に撮った月。
三脚ありで長時間露光とかすれば、もうちょっとマシだったかも・・・?
学校から見える風景です。田んぼ。夏は青々としています。
機械システム工学科の棟、奥はマテリアル環境工学科の棟です。
左側が建築デザイン学科、右が電気システム工学科。
奥に若干見えるのが機械システム工学科
ここ最近にしては珍しく晴れてたので、学校の全景です。
さて、国際科学技術財団から100万円の助成金を受けるにあたって、「研究助成ブログへの参画」と「やさしい科学技術セミナー実施のお手伝い」のふたつを財団から求められていました。普通は予算の使途、成果についての報告を求められるんですけど、そっちはないそうです。珍しい。そして使いやすい。財団のみなさま、ありがとうございます。
で、やさしい科学技術セミナー、8月6日に開催いたしました。
https://twitter.com/JapanPrize/status/761721306442117120
(貼り直すと重いかと思い、twitterのリンクのみで・・・)
セミナーでは「未来のエネルギー「水素」を体験しよう!」と題して、ごく一般的な、水素に関わるお話をさせていただきました。うちにいる4人の4年生もTAとして参加してもらい、参加者にも開催した側にも、概ね楽しんでもらえたかなぁと思います。
次年度以降やる機会があれば、もう少し掘り下げたテーマを引っ張り出してきて取り扱いたいと思います。他の先生方の様子を見ていると、自分の未熟さを感じますね。
この助成金がなければ、こういうセミナーに手を出すことはなかったでしょう。財団の皆様、ご協力、また機会を与えていただき、ありがとうございました。

今日はこの辺で。

0 件のコメント:

コメントを投稿